他人の人生に関わる仕事

「きょう自分は、本当に最善の仕事をしただろうか?」
ある飲み会で隣の席にいた写真館を経営する友人が、ふと漏らした一言でした。

その日は、写真館に訪れた3歳くらいと1歳にもならない子供を連れた家族の撮影だったそうです。
「ではお母さん、ちょっとかがんで赤ちゃんの指を持ってもらえますか。」
とポーズをリクエストすると、お母さんが、
「ごめんなさい、私かがむことができないんです。」との返事。

その言葉に、「あっ」と友人は気付いたそうです。
”そういえば、お母さんはずっと帽子をかぶったまま、そしてお腹のあたりは異様に膨らんでいる、、、
自分の父が癌で他界したときの腹水のたまりかたと同じだ、、、”

  幼い子供と最後の家族写真と覚悟しての撮影。

彼は、気づいたことを顔に出さないよう、全力で家族の一番いい表情を残そうと撮影したそうです。

それでも、僕と飲みながら
”写真は人生の一瞬を残す仕事であり、その瞬間は取り返すことができない。今日の自分は、あの家族に対して本当に全力で最善を尽くせただろうか?あの撮影した写真で本当に良かったのだろうか?”と振り返っており、これからも今日の事を忘れずに、一瞬一一瞬を大切に仕事をしていこう、と心を決めていました。

僕のコーチングという仕事は、直接的に他人の人生に関わる仕事だと思っていました。でも、彼の話を聞いていて、どんな仕事でも何らかの形で他人に人生に関わっているはず。そう思って取り組む仕事は、どんな仕事でも尊いものであり、そう考えながら仕事に取り組むことで成長できるのかと思いました。友人からとても大切なことを学ばせてもらいました。

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ