対話に真剣に取り組む

アナウンサーが講師の「話し方講座」に行ってきた。
ところが、内容は「話し方」ではなく、「聞き方講座」だった。

というよりは、「考え方講座」のほうが合っていたと思う。話すというと、こちらがどう話すかというスキル面をとらえがちだ。だが、話をする大前提として人間関係が成立していなければ、表面的な会話に終わってしまう。人間関係を作るうえで、まず安心感を持ってもらうことが重要だ。さらには、会話を通して、どんな人になりたいのか、なぜ仕事をするのかというアプローチが、重要だと伝えられた。いろんな面で、講師の話す内容はコーチングの非常に近いもので、人が人に向き合うとき、そして会話を通して何かを生み出そうとするときには、結果的にそのアプローチ手法は似たものとなっていくようだ。理念、哲学というレベルで似ているものは、その表現手法も突き詰めていくと似たものになっていくのだろう。

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ