鈍刀を磨く【毎日更新2,465日目】

IMG_8882

 

ビジネスコーチの中村です。
 
自分が何に向いているかを
調べて、それに合ったものを
選ぼうという考えがあります。
 
 
就職の際に適正検査などをして
自分に合った仕事を選ぶという
もののあれば、
 
スポーツでも特性を調べて
将来性のある種目を診断する
ということもあるようです。
 
 
ですが、私はそうした考えには
あまり賛同できません。
 
 
というのは、才能なんてあるのか
どうかはやってみないとわからない
と考えているからです。
 
 
もし検査の時点でなにか得意な
ことがあったとしたら、
 
たぶんそれは好きなことだったり
必要にせまられてたくさん取り組んで
きたことだったりするでしょう。
 
 
たくさんやったから、得意になった
ものだと思うのです。
 
 
そうした結果を分析して、才能が
あるとかどうとか言うことに
強い違和感があります。
 
 
なにか多様な人間をある法則に
当てはめてしまって、効率を優先して
いるようにも感じます。
 
 
もっと人間は複雑で予測できない可能性
を持っていると信じたいのです。
 
 
 
『鈍刀を磨く』
という言葉に出会いました。
 
 
切れ味の悪い刀しか持っていなくても、
それを磨き続けなさい、という事です。
 
 
たとえ今の自分が切れ味の鈍い刀だった
としても、それを磨き続ければいい。
 
 
いつか切れ味するどい刀になるかも
しれません。
 
 
もしかしたらならないかもしれません。
 
 
でも、そんなことは考えずにただただ
磨き続ける。
 
 
 
磨いていたらどうなるかわからない
けど磨き続ける、その行為そのものに
意味があります。
 
 
そう考えて今の自分を信じて磨いて
いきませんか?
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『実践読書会』
『起業1年目の教科書』に学ぶ
失敗しない勝者の起業術
第8章「チャンスを最大限に活かす」

昼の部 11月7日(火)13:30-16:00
https://www.facebook.com/events/500830273612115/

夜の部 11月20日(月)18:30-21:00
https://www.facebook.com/events/1593770280687902/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ