議題がそれていく理由【毎日更新2,446日目】

IMG_8882

 

ビジネスコーチの中村です。
  
いろんな組織に所属して
たくさんの会議やミーティング
に参加してきました。

仕事でも、プロコーチとして
いくつもの会社の会議にも
同席しています。

さて、こうした会議やミーティングで
本来の議題から話がそれていくことって
よくありますよね。

 

最初は本題について話しているのが、
だんだん枝葉の話になっていき、
しまいには全く関係ない話になっていく、、、

そんな事がよくあります。

誰かが気づいて戻せばいいのですが、
なかなかそうした人がいないので
私の出番になってしまいます。

「ちょっと良いですか、
何について話しているのでしたっけ?」

「それって、今話す必要ありますか?」

などと、
気づいてもらうように介入します。

それで本題にもどって話し合えれば
いいのですが、すべてがそうなるわけ
ではありません。

一瞬だけ本題にもどっても、すぐに
「そう言えば、、、」
と枝葉や別の話題にズレていくこと
のほうが多いですね。

そうした何度も本題に戻しても、
すぐにズレていく人を見ていて
思うことがあります。

「逃げてるな」

本題に向き合う勇気がないのでしょう。

だから巧妙に話をそらしていく。

そうした人の特徴は、よく喋ります。

息つぐひまもないように言葉を次々と
繰り出します。

ですが、残念ながら中身がない。
 
 
本題に向き合うと見たくない現実に
直面します。

キツイこともあるでしょう。

本題に向き合ってもすぐに答えがでる
わけではありません。

かえって迷いや悩みが深まることも
あるでしょう。

 

ですが、本題から逃げている限り
それが解決することはありません。

それどころか逃げている間に
問題はどんどん増大して複雑化
していきます。

なので、私はたとえ嫌われても
強制的にしつこく何度も本題に
戻します。

それがプロの役割だと信じています。

大切な問題には、先延ばしせずに
早めに向き合ったほうが楽ですよ。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『実践読書会』
『起業1年目の教科書』に学ぶ
失敗しない勝者の起業術
第7章「成功する起業家の時間術」
  <10月6日開催>

昼の部 13:30^16:00
https://www.facebook.com/events/1461316107284614/

夜の部18:30-21:00
https://www.facebook.com/events/119877908715631/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

▲ このページの先頭へ