論理と感情の使い分け【毎日更新4,340日目】

状況把握やこれからどうなるかを予想
する時には、できるだけ感情を抑える
ようにしています。

自分の好き嫌いなどを持ち込むと冷静
に観察して予測することができなくな
るからです。

また願望のバイアスがかからないよう
にも注意します。

人は見たいように見て、都合の良い解
釈をしがちだからです。

現状把握と未来予想では、事実・デー
タをもとに論理的に考えます。

では、感情は一切使わなのかというと
そうではありません。

論理的に分析し予想した上で、選択や
決断する時には感情を大切にしていま
す。

好きで気持ちいいことは楽しく頑張れ
るけど、そうでないものはどうしても
やる気が出ないからです。

やる気の出ないものを嫌々やっていて
は、論理的な結果を出すことができな
いでしょう。

なので、選択と決断の時には自分の感
情を大事にしたいのです。

論理と感情は場面によってうまく使い
分けていくといいのではないでしょう
か。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
起業1年目の教科書 実践読書会
12月5日(月)
https://fb.me/e/3BkiEC4Kh
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行動習慣道場『一簣』
12月4日(日)
https://fb.me/e/1W5HIntFO
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクール富山校
 の雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

▲ このページの先頭へ