認識の段階【毎日更新2,395日目】

IMG_8882

 

ビジネスコーチの中村です。
  
「これは問題だな」
と思って議題にしても、
相手にしてもらえないことって
ありませんか?

私はよくあります。

そして、そんな時はきっと
「面倒なやつ」
と思われています。

どうしてそうなってしまうのか、
ちょっと考えてみました。

ある事象や状況を見た時に
それに対する反応の段階が
いくつかあると思います。
 
 
『ある事象』 →1)気づかない
  ↓
『気づく』 →2)問題と思わない
  ↓
『問題だと考える』 →3)仕方がないと思う
  ↓
『解決できると考える』 →4)自分の責任でない、誰かが解決してくれればいい
  ↓
5)なんとかしようと動く

この段階が大きくズレていると、
いくら話をしても噛み合いません。

 

そもそも気づいていない人には、
なんのことだか分かりません。

問題と思っていない人には、
事を荒立てる面倒なやつだと
思われます。

仕方がない、解決できないと
思っている人には、無駄な議論
だと思われます。

自分の責任ではない、誰かが解決
してくれればいいと思っている人には、
「じゃあ、気づいたあなたがやって」
と実行責任を押し付けられます。

 

この認識の段階をすり合わせないと
話がいつまでも噛み合いません。

ということまではわかったのですが、
ではどうやって認識の段階をそろえて
いくのか・・・

 

それはまだ私の課題です。

いいアイディアがあったら
教えてください。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『実践読書会』
『起業1年目の教科書』に学ぶ
失敗しない勝者の起業術 〜第4章〜
  <8月18日開催>
 昼の部 13:30〜16:00
https://goo.gl/a9e7K7

 夜の部 18:30〜21:00
https://goo.gl/bf3wvQ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ