話は繋がっていますか?【毎日更新2,746日目】

20180601

 

ビジネスコーチの中村です。
  
自分の思いを伝えたくて
話をするのだが、なぜか
相手は分かってくれない
ということがあります。
 
 
熱く思いを語れば語るほど
相手は混乱していく、、、
 
 
そんな経験ありますか?
 
 
 
私は何度もやっていました。
 
 
そこで何が良くないのか研究し
気づいて改善していったことが
あります。
 
 
 
それは話の繋がりです。
 
 
 
どういうことかというと、
話している自分の頭の中には
言いたいことがたくさんつまって
います。
 
 
それで、話しているうちに
「あ、あれも話さなければ」
といろいろ思いついていろんな
ことを話してしまいます。
 
 
この時、自分の頭の中には
言いたいことの全体像と細部
の繋がりが見えています。
 
 
なので詳しく説明している
つもりで、違う事例や話題を
話しているのですが、その
自分の頭の中の繋がりは相手に
は見えていません。
 
 
急に関係ない話をされた、
話が飛んだ、と感じます。
 
 
自分では繋がっている”つもり”
の話をして、相手を置いてけぼり
にしているのです。
 
 
相手の頭の中は真っ白なキャンバス、
そこに丁寧に話をつないで絵にしていく
というイメージで話すようにしていくと
伝わり方が違ってきますよ。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

▲ このページの先頭へ