背負っているモノ

富山でコーチとしての活動を始めて、8年が過ぎました。

私から初めて「コーチング」という言葉や説明をきいた方々が、3,000を超えました。

毎回、そうした瞬間に思うのが、


 私の印象がコーチという業界全般の印象になる


ということです。

初めて触れた時の印象、それはあとあとまで大きな影響を持つと思います。自分ではいろんなコーチがいるなかの一人だと思っていても、相手にとってはコーチ=目の前の人ということになります。


 コーチを名乗るからには、コーチ業界全体にも責任を持つ


ことが必要だと思います。

これは、コーチに限らずどんな職業でも同じではないでしょうか。

業種を名乗るなら、その業種全般に、

社名を名乗るなら、その会社全体に責任を持つ。

そう考えていると、自然と自分のなすべきことが見えてくるように思えます。

「あなたは、自分の職業のどんなことに責任を持っていますか?」

=========================================

などと崇高なことを書きましたが、これは自分への戒め。

これまで何度も失敗したり、信用されなかったりしたこともあります。

慢心しないようにわが身を振り返って思ったことです。

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

▲ このページの先頭へ