組織のコーチングは通訳【毎日更新2,297日目】

IMG_8882

 

中村です。
  
コーチとしていろんな形で
企業の支援をさせていただいて
います。

1対1のコーチングとちがって、
企業という組織にコーチとして
入るなかで意識的に行っている
ことがあります。

それは、それぞれの発言を
通訳していくということです。

もちろん、私の支援している
会社はみなさん日本語で会話して
いて外国語を通訳するわけでは
ありません。

それでも、一人ひとりの話す言葉
の意味は、それぞれ微妙に異なって
います。

なかには、おなじ言葉でもかなり
違った意味で使っていることも
あります。

そのことに互いに気づかずに
コミュニケーションのズレが
生じていることがよくあります。

「言ったでしょ」
「聞いていない」

「そんな意味で言ったのでない」
「そんなの分かるわけない」

などと、つまらない行き違いが
チームワークを乱しています。

特に経営者の言葉が、その真意が
社員さんたちに伝わっていなかったり、

社員さんたちの気持ちが、経営者に
届いていなかったりしています。

これは、立場が違うのである意味仕方が
ないことです。

それをわかった上で、互いに言葉の背景
にあるものを察知し合えばいいのですが、
簡単ではありませんね。

そこで、コーチが間にはいって通訳して
何を共通理解していて、どこが違っている
のかを確認していきます。

単に単語を翻訳するような通訳ではなく、
話全体の流れから何を伝えたいかという
深い部分を探って確認しながら進めて
いきます。

言葉を通訳するというより、
意味を通訳するようなものです。

こうして確認していくと、じつは
ズレはほんの僅かでしかないという
ことがよくあります。

なのに、その小さなズレが大きな
問題に発展してしまっているのです。

一人ひとり頭の中にある辞書にかかれた
言葉の意味は少しずつ違っています。

その個人の辞書をすりあわせていくと
組織のチーム力が高まっていきます。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『実践読書会』
『起業1年目の教科書』に学ぶ
失敗しない勝者の起業術 〜第2章〜
  <5月26日開催>
https://www.facebook.com/events/1670806693225856/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

▲ このページの先頭へ