根本原因はどこ?【毎日更新2,412日目】

IMG_8882

 

ビジネスコーチの中村です。
  
スピードスケートのオリンピック
メダリスト岡崎朋美さんが高校生を
指導する番組をみました。

その選手の課題の1つが、スタートで
膝が深く曲がらないことでした。

おもしろいことに、
岡崎選手が指導したのは
「膝をもっと曲げて」
というものではありませんでした。

別の場所に注目していました。

「足首とお腹を意識して」
というものでした。

その結果、高校生のフォームは
改善されていきました。

 

これを見ていて、ビジネスでも
同じようなことがあるなぁと
考えていました。

 

なにか問題がおきたら、それを
どうするかばかりに意識が集中
してしまいがちです。

そして、その問題を直接すぐに直す
手っ取り早い方法を探してしま
います。

たとえば、
「この作業の確認もれがありました」
というような問題に、

「責任者決めましょう」
「チェックリスト作りましょう」
というような対処です。

これをやると、問題が解決しないで
再発したり、かえってこじれてしまう
ことがよくあります。

見えている問題は結果であって
原因ではないからです。

前述の「作業の確認もれ」という
問題が発生したなら、

それは初めてのことなのか?
過去にはどうだったのか?
どんなプロセスの中で発生したのか?
人の問題なのかシステムの問題なのか?
 ・
 ・
 ・
原因を多角的に考えて掘り下げて
いく必要があります。

「売上げがあがらない」ときに、
すぐに
「どうやって売上げあげるか?」
と考えてしまうのも同じですね。

根本原因を追求せずに、
目に見えるところだけに対処
療法をしていると、再発したり
悪化してしまいます。

特徴としては、決め事やマニュアルが
どんどん増えていく時は、根本原因
ではなく対処療法をやっている兆候
ですね。

繰り返す問題は、見えることろではなく
他に根本原因がないかをしっかり考えて
分析しましょう。

対処するのは、そこからです。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『実践読書会』
『起業1年目の教科書』に学ぶ
失敗しない勝者の起業術 
  <9月25日開催>
 昼の部 13:30〜16:00
https://goo.gl/PQBdZu

 夜の部 18:30〜21:00
https://goo.gl/XRhRQv
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ