提案を通すために【毎日更新2,725日目】

20180601

 

ビジネスコーチの中村です。
 
自分のアイディアや規格を
誰かに提案して賛同してもらい
たいということありますよね。
 
 
会議で企画提案することも、
ビジネスでプレゼンや営業する
ことも、
何かの仕事をお願いするのも、

自分の提案への賛同者を募る
ということでは同じでしょう。
 
 
こうした自分の提案を通すために
提案内容が相手にとって魅力的で
なければ賛同は得られません。
 
 
ですが、この内容だけでなく
もう1つ大切にしなければ
いけないことがあると思って
います。
 
 
 
それは『順番』です。
 
 
この順番も2つのことを考えます。
 
 
1つ目は、『何』をどの順番に話すか
という内容の順番です。
 
 
同じ結論を伝えるにも、それに
至るまでの説明の順番が違うと
伝わり方が違ってきます。
 
 
そのため、相手や状況に応じて
同じ提案でも話す順番を考えて
組み立てなおしたりします。
 
 
2つ目は、『誰』から伝えていくか
という順番です。
 
 
特に、企業や組織に提案するには
いきなり決定会議などでプレゼン
しても上手くいかないことが多い
です。
 
 
それぞれの企業や組織には規則や
暗黙のルールとなっている手順が
あります。
 
 
この手順を踏まえていかないと、
内容が良くても却下されてしまいます。
 
 
提案が通らないのは、内容のせいよりも
この手順のミスであることが多いですね。
 
 
逆に言えば、きちんと手順を踏んで
いけば、内容が未熟でも提案が通って
しまうことも良くあります。
 
 
自分の思いを伝えて賛同を得るためには、
内容と順番の両方を考えたらいいですね。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『起業1年目のお金の教科書』
 に学ぶ実践読書会
7月25日(水)
https://kokucheese.com/event/index/525644/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

▲ このページの先頭へ