意見対立が解消しない【毎日更新2,685日目】

nakamura201805

 

ビジネスコーチの中村です。
 
「話せば分かる」といいますね。
 
たしかに話し合い、対話することは
分かり合うためにとても大切だと
思っています。
 
 
ですが、いくら話し合っても分かり合う
どころか、ますます対立がはっきりして
乖離していくこともあります。
 
 
なぜでしょう?
  
  
それは意見の対象となるテーマの
「前提」がずれているからです。
 
 
例えば、
『勉強』を
「いい成績をとるため」
という前提で考えている人もいれば、
「将来の仕事や収入のため」
という人、
「知的好奇心を満たすもの」
という人もいるでしょう。
 
 
『スポーツ』についても
「勝利を目指すもの」
「成長のため」
「楽しむもの」
といろいろでしょう。
 
 
さらには、
『チームや組織』についても
人それぞれに前提となっている
考えは違っているでしょう。
  
 
こうした意見の背景にある
前提となる考え方や定義
(パラダイムというもの)を
確認せずに話し合うといつまで
も意見が噛み合いません。
 
 
それどころか、自分の前提に
しがみついてしまって、
対立を生み出してしまうこと
になりがちです。
 
 
こうなるともう相手の意見を
認めることができなくなって
相手の意見だけでなく相手その
ものを全否定してしまうこと
にもなります。
 
 
話し合いをしても、どうしても意見対立
が解消しないと感じたなら、その前提と
なっていることを確認しあったらいいと
思いますよ。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社員が成長し業績が向上する
『人事評価制度7つの新常識』
6月12日(火)
https://goo.gl/tfR29m
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『起業1年目のお金の教科書』
 に学ぶ実践読書会
6月11日(月)
http://kokucheese.com/event/index/521405/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ