意見と事実の整理【毎日更新2,424日目】

IMG_8882

 

ビジネスコーチの中村です。
  
企業研修の中でよく取り組んで
もらうことがあります。

それは、仕事上で疑問に思って
いることや問題だと感じている
ことのリストアップです。

それを文字にしてもらいます。

これは、ちょっとうまく誘導すれば
どんどん出てきます。

ですが、その次のステップを指示
すると、頭を抱えて止まってしまう
人が多いですね。

何を指示するかというと、その書き
出した内容を意見と事実に分類して
整理していく作業です。

どうも多くの人は、意見と事実を分けて
考えるということを普段あまりしていない
ようですね。

なので、まずは意見と事実とは何が違う
のかを考える事から始めます。

例えば、
「伝票のミスが多い」という問題
をあげているとします。

これは、意見です。

「多い」という部分は主観だから
です。

ここから「事実」は何かを掘り下げて
分解してもらっていきます。

いろんな切り口があります。

・発生率は何%なのか
・どんな伝票で発生しているのか
・いつもなのか、特定の条件のときか
など、

いろんな事実を分解して確認して
いきます。

事実は客観的に表現できます。

この違いは厳密にやるというより、
どんどんいろんな切り口で細分化
する練習をしたらいいのですが、
意外と手こずりますね。

 

他にもよくあるのが
「コミュニケーションが悪い」
 とか
「指示があいまい」
 だとか
「やる気が感じられない」
などですね。

これらは全部「意見」なので、
そのままでは具体的な解決法が
見つかりません。

「事実」に分解していくことで、
気合や精神論でない、具体的対策
を考えることができるように
なります。

解決策が見つからないのは、
この事実に分解して整理する
プロセスを飛ばしてしまうから
です。

ここは、慣れるまではちょっと
面倒な作業です。

ですが、ここを避けていると
いつまでも解決できません。

面倒ですが丁寧にゆっくり
やっていくことを続けていけば
だんだんとスピーディにできる
ようになっていきますよ。

そのためにも、日頃から何か不満や
疑問が湧いたら、そこで事実に分解
して整理する練習していると楽しく
なってきますよ。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『実践読書会』
『起業1年目の教科書』に学ぶ
失敗しない勝者の起業術 
  <9月25日開催>
 昼の部 13:30〜16:00
https://goo.gl/PQBdZu

 夜の部 18:30〜21:00
https://goo.gl/XRhRQv
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ