定義やマニュアルで動けなくなる?【毎日更新3,082日目】

きのうは「人のマネジメント研究会」
を開催していました。
 
 
参加者のみなさんと、管理職とは何なの
か話し合っていました。
 
 
そのなかで「定義すると定義に縛られて
しまう」という意見がでました。
 
 
これは、マニュアルやルール作りでも
よくそんなことが言われますね。
 
 
果たして、定義やマニュアルはできる
ことを縛って動けなくするものなの
でしょうか?
 
 
私の考えはこうです。
 
 
たんにやり方などの手法だけを
定義したりルール化してマニュアル
にすると動ける範囲が縛られてしま
うでしょう。
 
 
そうではなく、目的=何のため
を明確でわかりやすく迷わない
ように定義することが大切です。
 
 
そしてどんな未来を目指すのか
というビジョンもイメージできる
ようにします。
 
 
そこから具体的行動にしたものを
ルールやマニュアルにしていきます。
 
 
目的があいまいなままにして
おくと、手法=やりかたに囚われ
てしまいます。
 
 
こうしたことを伝えると、なかには
「その定義が難しい」と答えるひと
もいます。
 
 
それは、本来目的が定まっていない
ということです。どこへ向かうのか
方向も定まっていないのです。
 
 
そんな状態でやり方を定義しても
意味のないものになります。
 
 
もしかしたら、間違った方向へ
一生懸命に進むことになるかも
しれません。
 
 
定義できないとか、
定義したらおかしくなる、
というなら
 
そもそもの目的と目指すビジョンを
整理し直すことです。
 
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行動習慣道場「一簣」
7月4日(木)
https://www.facebook.com/events/1580194835446764/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『起業1年目の教科書 実践読書会』
7月16日(火)
午後開催
https://www.facebook.com/events/371693020219456/
夜開催
https://www.facebook.com/events/859535551098876/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ