人の言葉や行動で苛つくのは【毎日更新2,320日目】

IMG_8882

 

中村です。
  
おとといから心の状態に
関する話題が続いています。

「こんなことをされた」
「こんなことを言われた」
「こんなメールをもらった」

「それで気持ちが苛ついたり
落ち込んだりする、
どうしたらいいですか?」

という相談を最近何人かから
受けました。

さて、あなたならどうしますか?

私はこう考えています。

まず、事実と解釈を分けます。

自分が直面した事実は何か、
それを自分はどう解釈して
いるのかというように。

すると気づくのですが、
苛つくとか落ち込むという
自分の感情への影響は、

相手からうけた事実そのもの
ではなくて、それを解釈した
内容から発生しています。

「叱られた」「怒られた」
というのも解釈です。

自分のある行動を「指摘」
してくれただけです。

「私のために愛情持って
真剣に教えてくれた」
という解釈も可能です。

つまり、事実を確認して
それをいくつかの解釈を
考えます。

そのなかで、どの解釈を選んだら
自分の気持ちが明るくなったり
前向きな行動に繋がるかを基準に
選びます。

なにが自分に起きても
その解釈は自分で選択する
ことができるはずです。

誰かからの刺激に対して、
すぐに苛ついたり落ち込むのは
この選択をしていないからでしょう。

そして「あいつのせいで」
と自分の感情の原因を他者に
押し付けて思考停止します。

誰かに感情を支配されること
はありません。

自分で選択した感情なのに、
原因を他者や環境のせいに
するから解決できなくなります。

自分の感情は自分で選択できる
ように日々練習していきたいですね。

私もまだまだ練習中です。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『実践読書会』
『起業1年目の教科書』に学ぶ
失敗しない勝者の起業術 〜第2章〜
  <5月26日開催>
昼の部
https://www.facebook.com/events/1670806693225856/
夜の部
https://www.facebook.com/events/444172919268289/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ