わからない時の質問のしかた【毎日更新2,047日目】

IMG_8882

 

こんにちは、
中村慎一です。
   
 
セミナー講師や師匠から
教えられたことが、すぐには
理解できないことありませんか?
 
 
具体例なしに理論や原則を
言われた時などに多いでしょう。
 
 
たとえば、私がコーチングの
質問を教える時に、こんな言い方
をする時があります。
 
 
「自分のための質問ではなく、
相手のための質問をしてください。」
 
 
こう話すとたいてい会場に
「???」
という空気が流れます。
  
 
とても抽象的な表現なので
そうなるのも分かります。
 
  
もちろん、まったくいきなり言うの
ではなく、ある程度学んだ段階で
伝えている内容ですけど。
 
 
この時に、参加者から出てくる
質問にはこんなパターンが多いです。
 
 
「具体的にはどんなことか
事例を教えてください。」
というものです。
 
 
というか、これは質問の形の
要求ですね。
 
 
これを言われると、正直な所
ちょっとがっかりします。
 
 
なぜなら、自分で考えようとせず
よりわかりやすい説明を待つだけ
だからです。
 
 
これに対して、されて嬉しいのは
こんな質問です。
 
 
「ということは、こんな事例がそうだと
思ったのですが、あっていますか?」
と自分から具体例をあげて、それを
確かめる質問です。
 
 
これは自分で考えていないと
できません。
 
 
こうした質問をしてくるひとは、
理解が早いだけでなく使えるように
なるもの早いですね。
 
 
理論や原則とは抽象的なものです。
 
 
それを具体化する努力を自分からするのか、
受け身で事例提供を待つのか。
 
 
おなじ学びの場にいても
差がついていきます。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   『実践読書会』
〜起業1年目の教科書に学ぶ
失敗しない勝者の起業術:第3章〜
https://www.facebook.com/events/1138507669542028
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

▲ このページの先頭へ