いろんなケースに対応するルール【毎日更新2,620日目】

IMG_8882

 

ビジネスコーチの中村です。
 
ルールや決め事を話し合うとき、
いろんなケースを想定するでしょう。
 
 
こんな時はどうする、
あんな時はどうする、
とさまざまな状況について
話をします。
 
 
ただ、そうしてでてきた全ての
状況に対応する解決策を決めよう
とすると収集がつかなくなって
しまいます。
 
 
ビジネスコーチとして会議などに
同席しているとよくある光景です。
 
 
こんな時に私がやっているのは
いくつかの質問をすることです。
 
 
「それはどれくらいの頻度で
発生していますか?」
 
「一番よくあることはどれですか?」
 
「それらに共通のことは何ですか?」
 
このような質問です。
 
 
この目的は、問題の本質的なことと
例外的な事態を整理することです。
 
 
もし、整理しないで全てのケースを
想定したルールや決め事をつくると
複雑なものになります。
 
そうなると、結局は運用できません。
そもそも覚えられません。
 
 
なので、まずは頻発したり繰り返している
ことの共通点や本質だけに対処するもの
を決めるようにします。
 
 
たまにしか起きないことや、
これまで発生していないよう
な例外的なケースの想定には、
 
その時に柔軟な対応をすることに
して、余裕を作っておきます。
 
 
まずは軸となる原則を固めます。
 
 
そこに「何のためのルール」かと
いう目的や、「何を目指しているか」
というビジョンが込められていれば
 
たいていの事態には柔軟に対応
できるはずです。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ