違うものを混ぜてみる

先週の土曜日は、日本交流分析協会北陸支部のTA研究会で、話題提供者をさせていただきました。

TA研究会は、「講座」ではなく毎回テーマにそって話題提供者が議題やワークを提案して、参加者みんなで考える場です。

今回のお題は「人生態度」
自分にとって自分はOKか、OKでないか。
自分にとって相手はOKか、OKでないか。
の2つの軸をクロスして4つの領域にわけたのが、人生態度のOK牧場と言われる図です。

この図をつかって、
普段のありがちな行動や、反応が、どの領域にはいるか、
そこから別の領域に動く時には、何が起きていたりきっかけになっているか、
を話し合いました。

その手法は、ファシリテーションで最近話題の「ワールドカフェ」を利用しました。

複数のテーブルに分かれて話をしたら、1名だけ案内役を残して他のテーブルに移動、そこでまた話し合い。
これを繰り返します。

大勢が一斉に話し合おうとすると、全員が発言することは難しく、また思っていることも発言しにくいので、こうした手法だと全員が発言しながら参加しやすくなります。

「交流分析の理論」を学ぶために、その分野以外の効果的な「手法」を取り入れたらどうなるだろう?
という考えからトライしてみました。

結果は、なかなかの好評で、僕自身も沢山の事例を聴くことができて得るところが多かったです。

このように、ちょっと違うものを混ぜて、どんな反応がおきるかを実験するのは楽しいですね。「何を」「どう学ぶか」という、内容と手法の組み合わせを考えるのは、正直いって産みの苦しみを通過しなければならずに途中には負担感を感じることもありますが、やってみると刺激的で楽しい作業です。

癖になります。

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ