言ってることと、やってることを一致させ続ける

金曜は、金沢でランチェスター経営の竹田陽一先生の講演会に参加し、もちろん懇親会も参加してきました。

竹田陽一先生と

竹田先生は、中小企業は中小企業の戦略をとるべきで、特に社長が勘違いして大企業の真似や、肩書きや名誉に走ってはいけない、地道に勉強を続けなさいということをおっしゃっておられます。

・中小企業の社長の本分は、お客様をつくって維持すること
・社長が動かずに、社員を動かそうとするのは間違い

そう伝える竹田先生自身の行動は、本当に言動一致しています。
懇親会でも、尊大な姿勢は全くなく、気さくに誰ともお話され、帰られる際にも一人一人に丁寧にご挨拶されていました。

そうした姿からファンが増え、結果的に竹田先生のお客となっていくのでしょう。
講師として先生と呼ばれても、ご自身が中小企業の社長として、お客様作りを丁寧にされている姿はさすがです。

「社長」と呼ばれるようになると、厳しいフィードバックを受けることが少なくなります。ましてや「先生」と呼ばれるようになることが、勘違いの始まりかも知れません。
けっこう勘違いしている人が多いと感じるのは、僕だけでしょうか。

初心を愚直に続けることが大切だと、竹田先生の行動から学ばせていただきました。

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ