終わった時どうなっていたい?

今日は、2日間のビジネスコーチングセミナーの初日です。

富山地域職業訓練センターが企画し、一般企業向けに案内して募集したところ、15名の参加申込みがありました。

2日間12時間のセミナーとなると、内容や進行などいろんなことが気になります。
参加者の反応がイマイチのときにどんな話題にしようか、、、
時間が足りなくなった時には、、、
逆にあまったら、、、

など、心配なことを考えるときりがありません。

セミナーを始めるときには、必ず自分にする質問があります。
「終わった時、自分はどうなっていたいか?」
「参加者には、どうなっていて欲しいか?」

そうしてゴールイメージを具体化しておくと、途中に予想外の出来事があっても(というか、大小はともかく必ずあります)柔軟に対処でき、望んだゴールにたどり着けます。

コーチングでも、相手のゴールを明確にすると同時に、毎回のセッションのゴールも確認することがよくあります。
「このセッションが終わったときに、どうなっていたいですか?」のように。

では、今日の僕のゴールは
「僕は、達成感に充たされて明日への意欲がさらに高まっている。」
「参加者は、たくさんの気づきが得られ、明日への期待が高まっている。」

さあ今日も楽しんできます。

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ