成人の心には3つの機能

交流分析の勉強も続けています。
昨日は、久しぶりにインストラクター研修に参加しました。

交流分析では、心をまず大きく3つにわけます。
「親の心」「成人の心」「子供の心」です。
そのなかで、「成人の心」についてはこれまで論理的判断を司るという側面から理解をしてしましたが、そうすると納得できない事例が多く、正直混乱がありました。

昨日は、交流分析協会北陸支部長の飯田先生から、成人の心には3つの機能があると教えられ、これまでのモヤモヤがかなりすっきりしました。

その3つとは、
1)データプロセス(理性・判断)
2)ペーソス(責任感・人間的魅力)
3)エートス(倫理・道徳・誠意)
いわゆるギリシャ語の人間的働きを意味する「知・情・意」に相当する、ロゴス・ペーソス・エートスであり、「成人の心」はこの3つを”兼ね備えたもの”と理解すると、とても納得いきました。

そう考えると、多くの問題や課題と思われるものは、2)と3)の不足により、「成人の心」がうまく機能していないと捉えられるかと思います。

最近、テクニカルな成功法則や心理学よりも、倫理・道徳へ興味が移りつつあったのですが、交流分析の勉強でつながるとは思ってもいなかったので新鮮でした。
セレンディピティですね。
これからも分野を限定せずにいろんな事に興味を持って、自分の目で見て耳で聞いて自分の頭で考えていきたいです。

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ