予想外の課題はうれしい機会

想外の課題をもらった時、どのように考えますか?

そんなのはムリ、とできない理由を探すか。
それは成長のチャンス、とできる方法を探すか。

もちろんコーチならば後者になります。


 予想外の課題は、予想外の成長のチャンス


自分で想定した課題しか取り組まないと成長できません。予想外の課題をもらえるのはありがたいと思えませんか。

「最近、どんな予想外の課題に取り組みましたか?」
==================
昨日は早朝のコーチングで、クライアントさんからこれまでにない課題を頂きました。内容は守秘義務があるので書けませんが、プロコーチ8年目で初めての内容です。他のコーチからも聞いた事のない課題で、コーチングのセオリーでは想定していないものでした。
コーチとしての成長のビッグチャンス!

午後からの研修でも、急遽当初打合せとは異なる資料での研修実施の依頼。それでは、当初目的にそった研修はとてもできそうにないと思えるものでした。
これまたチャンス!
少し資料の変更を調整して研修に突入し、受講者の反応を見ながらも「目的は?」「この研修は誰のため?」を自分に問いかけながらのアドリブ対応。研修後の受講者の決意発表は私の予想を上回るものでとても嬉しかったです。これも貴重な学びの機会となりました。

予想外の課題・トラブルは、本当に成長のチャンス!
チャンスをいただけることが、ありがたいことです。

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ