ホバークラフト

子供とホバークラフトを作りました。
夏休みの自由研究課題の工作です。

発案は僕ですが、子供も乗り気で、一緒に実験を繰り返しながらの製作でした。
本体は発泡スチロールのトレイ。それに穴を開けて、プラモデルの扇風機のモーターとファンを利用して風を送り込み、加圧して浮き上がる仕組み。

のはずでした。

計算なしの現場あわせの工作では、そう簡単にはいきませんでした。
穴の大きさを調節したり、本体下部にビニールをとりつけたり、、、
実験を繰り返すも、なかなか浮上しません。

ちょっと時間をおいて、また考えようと休憩しようとしていたそんな時、妻が以前に科学工作で風船とフィルムケースとCDで、ホバークラフト作ったことあるとの話をしてきました。

そうか、浮上させるには加圧された面積を増やせはいい!!

発泡スチロール板を買ってきて、本体周囲に取り付けて加圧面を広くしたところ、Good Job!

試行錯誤の繰り返しと、ちょっとしたアイディア。

コーチングでも、仕事の改善でも、なんでも結局は理論と実験の掛け合わせなんですよね。知識をインプットし、実際にアウトプットして試してみる。
うまくいったら、それを継続し、うまくいかないところは、なんでもいいから違うことを試してみる。

その繰り返しのなかから、自分らしいやり方や、新しいやり方が生まれてくる。

子供の工作で一番楽しんで得したのは、やはり僕のようです。

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ