ネーミング

昨日は、毎月開催のコーチングサロンでした。
その場で、2つの企画のネーミングが決定しました。

1つは、10月7日(土)に富山で、日本コーチ協会日本海チャプター主催で開催する、本間正人さんと大谷由里子さんをコラボレーションしたコーチング勉強会のタイトルです。

「世界一笑えるコーチングライブ!」 ~”笑”と”学”で人は育つ!~

東西のお笑いの雄(?)である2人のコーチの魅力を伝えるには、どんなタイトルがいいかと1ヶ月悩んでいましたが、やはり頭を寄せ合うといいですね。

6人であれこれとブレストしていると、あれよあれよという間に出来上がってしまいました。

もう1つは、参加者の一人が提案した交流会の名前です。
本職に関する情報でない、こだわりやマニアな話題を提供しあう会です。

例えば、僕だとコーチングに関する話題でなく、ホッケーのレフェリーの心構えなどについて30分ほど語る。次の会には、別の人がまた自分のこれなら語れるという話題を提供する。

そうした、意外な話題のなかから使えるネタがあるかもしれない。意図的でない偶然の化学反応がおきる場にしよう。
もちろんビジネス関係者以外の主婦や学生もOKにしようという会です。

初めは会の趣旨を表す単語をブレストしたり、主催者の名前を使おうなどとアイディアをだしたのですが、これというものがなかなか見つかりませんでした。

「じゃあ宿題にしましょうか?」と僕が言ったその直後に、参加者の一人が「これって、毎月一回やるんですよね。・・・じゃあ、月一会」とぼそっとつぶやきました。

全員声をそろえて、「それいいね」となり「ひらがなにしよう」ということで、
「つきいち会」に決定しました。

決まってしまえば、意味はあとから何とでもつけれるということで、「つきいち」は「一番ついてる会」だとか、あれこれとまたアイディアがあふれてきました。

今回のサロンでは、2つのネーミングが誕生したのですが、名前が付くととたんに現実的に感じられてきて、いいですね。

中身を議論する前に、名前をつけてしまう。
これ、とてもいい方法だと思いました。

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ