タイミング

コーチ協会の大会に参加してきました。

年に1度のコーチ協会主催の、コーチングの情報交換&最新情報勉強&人脈拡大の大会です。

その分科会の1つでに知人がスピーカーとして講演していたので、話を聴いてきました。

「発信し続けること。いつか、必要な時がきたら相手から求められる時がくる」

そうした主旨の発言がありました。

コーチングをプレゼンしても、イマイチな反応をされ、残念に思うことがよくあります。コーチ仲間でもそうした話をよく聞きます。

でも、彼は「ベストなタイミングは事前にはわからない、発信し続けていれば、相手がそのタイミングだと思ったときに動き始める」といったことを言っていました。

コーチングは「答えは相手の中にある」という基本姿勢を大切にしています。

それなら、コーチングが必要かどうかを決めるのも、相手が決定することのはず。自分がプレゼンしても反応してもらえないのは、プレゼンが下手なのか、タイミングでなかったのか、それは後からわかること。

タイミングをどう捉えるかとか、自分で作り出すかと考えて悩むより、信じたことをブレることなく発信し続けること。

そうした結果、あとからあれがタイミングだったのだと思える時が来るのかもしれない、そう考えるきっかけとなる発言でした。

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ