コーチング教えて、自分が後押しされた

今日、職業訓練の新しいコースでの講義がスタートした。

初めてのクラスに出るときは、いつも緊張する。
どんな人たちが来ているのだろう。職業再訓練なので、みな社会人経験があり中には僕より年上のかたもいる。今日は、配布されていたスケジュールが「就職支援」となっていたので、受講生は何をするのか良く分からないままに、来ていたようだった。「コーチング」と聞いて、みんなの顔に「???」が見て取れたが、かえってそれが楽しくなってきた。同時に、僕が伝えるコーチングが受講生の先入観になるので、真剣に伝えなければとも思った。さて、どんな講義かの内容はともかく、コーチングではコーチが上手くできたとか自分で思っても、クライアントがどう評価したかが大切だ。講義も同様に考えている。結果としては、最後に「質問は?」との問いかけに2名が質問してくれた。内心ホットした。質問があるほうが真剣に聞いてくれた証拠になる。そして、うれしいことに講義終了後、1名の受講生が「県内でコーチングのワークショップなどは、ないのですか?」と聞きにきてくれた。僕にとっては大成功だ。コーチングに興味を持ってもらうのが主目的だったのだから、とても嬉しい。さてさて、肝心のワークショップは残念ながら富山では、まだない。というよりプロコーチとして活動しているのが、富山ではまだ僕だけみたい。前から定期的なセミナーをやろうかと考えていた。今日の最後の質問は、自分の背中を押されたような気がする。ようし、やろう!!ここで、自分に宣言する。

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ