責任逃れの会議、責任分担の会議【毎日更新2,032日目】

20150902ブログ用

 

こんにちは、
中村慎一です。
    
会議が長引くことって
よくありますよね。
 
 
そうなってしまう原因の多くは
だいたい決まっています。

一番多いのが、枝葉の話になって
やり方の手順などの詳細を話して
しまうことです。
 
 
「こんなやり方がいい」
 
「でも、こんな時はどうする?」
 
「私にはそれは難しい」
 
 ・
 ・
 ・
 
と、まだやっていもいないのに
いろんなケースを想定しては
あれこれ議論を続けるのです。
 
 
さまざまなケースを想定して
考えることはもちろん大事です。
 
 
ただ、その思考の焦点がどこに
向いているは留意しなければ
なりません。
 
 
あれこれ想定する思考の背景が、
「自分が失敗したくない、
 責任をとりたくない」
になっていたら問題です。
 
 
手順を詳細に決めようとするのは、
決まったことをやれば責任は問われない
と考えている可能性があります。
  
 
この思考からスタートすると
たくさんの規則と細かな規定、
そして分厚いマニュアルが
出来上がります。 
 
 
で、結局はうまく運用できない
となりがちです。
 
 
そうではなく、「何のために
何を目指してやるか」を確認
することが大切です。
 
 
そこから目的にあった目標を
分解して、誰がどこまで責任を
持つかを決めます。
 
 
そうしていけば、詳細な手順は
担当者に任せてしまうことが
できます。
 
 
担当者は、目的と目標から
自分で判断できるようになります。
  
 
責任逃れのための会議なのか、
責任分担のための会議なのか、
 
 
この違いは大きいです。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   『実践読書会』
〜起業1年目の教科書に学ぶ
失敗しない勝者の起業術:第3章〜
https://www.facebook.com/events/1138507669542028
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ