褒めるのが苦手なら【毎日更新2,119日目】

 

IMG_8859 2

 

こんにちは、
中村慎一です。

部下を持つリーダーや管理職の方から
「褒めたらいいのはわかっているのだけど、
どうも苦手で・・・」
と言われることがあります。
 
 
そんなキャラではなくて、
自分でも恥ずかしいし
きっと相手も変に思うと
考えているようです。
 
 
そうした人にお勧めして
いることがあります。
 
 
それは「認める」ということです。
 
 
相手のやっていることそのままに
声をかけることです。

なにか作業をしていたら。
「◯◯やってるんだね」
とか
「ここまでできたんだな」
などと、見えた事実をただ
言うことです。

これは相手の存在に自分が
関心を持って見ているという
ことを伝えています。

褒めるのが苦手という人には
基準の高い人が多いです。

そのため、その高い基準をクリア
していないと褒めることができません。

そうでないのに褒めようとしたら
当然ながらうまい言葉はみつかりません。

ムリに褒めたらわざとらしいおかしな
言葉になってしまいます。

それでは本心から褒めているのでなく
おだてていることになります。

だから苦手だと思うのです。

ですが、認めるのは基準をクリア
していなくてもできます。

ただ相手のやっている事実を
いうだけですから。

人は無関心で放っておかれるのが
一番寂しいものです。

職場でそんな状態になったら
ヤル気も低下します。

「これでいいのだろうか?」
と不安にもなります。

でも頻繁に声掛けをしてもらえて
いたら「見ていてくれている」と
感じて安心できます。

この「あなたのことをちゃんと
見ているよ」というメッセージを
多くするために、認めるという
ことを増やすのです。

チームの雰囲気を明るくする
土台作りに効果的ですよ。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『実践読書会』 11/17開催
〜起業1年目の教科書に学ぶ
失敗しない勝者の起業術:第6章〜
https://www.facebook.com/events/1099836633434192/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『ブレインダンプ合宿』
  11/11-12 富山で開催
http://coach-n.biz/bd00/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ