最高速度より反応速度【毎日更新1,988日目】

20150902ブログ用

 

おはようございます、
中村慎一です。
 
行動のスピードが早い人と
そうでない人がいます。
 
どんどん行動して結果を出す人は
走る速度も早いように
思われています。
  
  
が、私はそんなに人によっての
最高速度には大きな差はないと
思っています。 
 
 
最高速度ではなく別の速度が
結果を出す速度の違いを産んで
いるのです。
 
 
どういうことかというと、
気づいてから動き出すまでの時間、
つまり反応速度が早いのです。
 
 
そして、その最初の動きから
次の行動までの間隔も短い。
 
 
動いたことで気づいたことに
反応して、また間をあけずに
次の動きをしています。
 
 
それを繰り返しています。
 
 
それをある期間でみると
走行速度が早くみえるのです。
 
 
一方で行動の遅い人は、
この反応速度が遅いですね。
 
 
気づいてから動くまでに
時間がかかっています。
 
 
そして1度動いても次の
動きまでまた時間をかけて
いる。
 
 
ですが、じつは動いている
時の最高速度はあまり
違いはありません。
  
  
例えば、こんなことです。
 
 
1分で10m進める人が
2人いるとします。
最高速度は同じです。
  
 
ひとりは、気づいたらすぐに
1分で10m進んで4分後にまた
1分で10m進む。
 
これを繰り返したら、60分で
120m進みます。
 
 
もうひとりは、気づいても
動き出すのに9分かかります。
 
それでも、そこから1分で同じ
ように10m進みます。
 
でも、また次に動くのに
9分かかってから1分で10m
進みます。
 
すると、60分で60mしか
前進しません。
 
 
どちらも最高速度は
1分で10mと同じでも、
反応速度が違うと
60分というスパンでみた速度に
2倍の差がつきます。
 
 
つまり、スピードが早いと
見えている人は、最高速度が
早いのではなく反応速度が
早いのです。
 
 
人それぞれの行動の能力には
そんなに差はなくても、
気づいてすぐに動く速度で
結果に大きな差がでます。
 
 
行動力を高めたい、
スピードを上げたいと思うなら
反応速度を意識したらいいと
思いますよ。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
『実践読書会』
〜起業1年目の教科書に学ぶ
 失敗しない勝者の起業術〜
https://www.facebook.com/messages/manami.suzuki.1984
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

▲ このページの先頭へ