こんな質問はイヤだ【毎日更新2,794日目】

20180601

 

ビジネスコーチの中村です。
  
きのうは講演会などで講師へどんな
質問をするかで、その人の話の聞き方や
思考モデルがわかるといいました。

わたしが自分が講師としてされても
参加者として受講していても、こんな
質問はイヤだというパターンがいくつか
あります。

そのなかから3つ紹介しましょう。

 

まずは、前置きの自己紹介がやたら
長いケース。

それも、その自己紹介内容が質問内容
に必要な情報でもなんでもない。

どんな経歴でどんな仕事をしていて
こんな実績がある、、、と延々と話して
質問はとても中身の薄いものを聞くだけ。

これは単に自己PRをしたいだけなのだと
考えています。

講演会の場を利用して自分をPRしている
「私に注目して」パターンですね。

 

つぎに、質問といいながら自分の意見を
延々と話すケース。

「講師はこう言われたのですが、
私はこんな経験があって、、、、」
と結局は講師の話を否定して自分の
意見を主張しているだけ。

これは友達が少ない人だと思っています。

日頃から自分の意見に賛同者が少ない。
そして自分で人を集めることもできない。

なので、参加者として講演会に参加して
大勢の前で自己主張をする。

 

3つ目は、自分の個人的な問題への具体的な
解決策やアドバイスをしつこく求めるもの。

たんに自分の課題への解決策を質問するなら
他の参加者にも参考になるかもしれません。

ところが、特殊なケースだったり、講演テーマ
から離れた内容だったりしたら、他の人には
関心のないものになります。

それに講演会の場なので、講師は深いアドバイス
はできるはずもなく、さわりのヒントを答えます。

すると、それに食い下がってさらに質問を重ねて
いく、、、

これはまるで個人コンサルをタダで受けようと
していますよね。

こうした人は、人にアドバイスを求めても
素直に実行しないパターンだと思っています。

 

この3つのパターンの何がイヤかというと、
他の参加者の時間を奪っているからです。

共通点は自己中心。

参加者みんなで共有している場と時間だと
の認識が欠けています。

そうした気配りができない人だから
ビジネスや人間関係で問題を起こして
しまうのでしょう。

 

では、どんな質問が良いと私が思って
いるか。

それはまたの機会に話します。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『起業1年目のお金の教科書』
 に学ぶ実践読書会
9月14日(金)
https://www.facebook.com/events/931763723683349/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『ビジネスコーチング実践会』
8月29日(水)昼の部・夜の部:2回開催
https://www.facebook.com/events/460703787737491/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

▲ このページの先頭へ