「誰が」と「何を」【毎日更新2,637日目】

IMG_8882

 

ビジネスコーチの中村です。
  
問題提起や改善案が出された時
すぐに「誰が言ったんだ?」
と言う上司やリーダーがいます。
 
 
これはものすごく残念で、
管理職として大問題だと
私は考えています。
 
 
というのは、まずはそうした発言が、
問題の報告や改善案の提案を言えなく
してしまうからです。
 
 
それに、そんなことをいうということは、
何を言っているかに意識が向いていません。
 
 
誰が言ったかで先入観を持ってから
言った内容を考えます。
 
 
客観的に何を言っているかを受け止め
なくなっています。
 
 
そうして大きな問題の兆候を見逃したり、
効果的な改善案をスルーしてしまいます。
 
 
さらには、部下や周囲の信頼も失って
います。
 
 
けっこうありますよね。
 
 
いろんな会社の会議、経営者団体の
会議に参加していてしょっちゅう
耳にします。
 
 
 
問題提起や改善提案をされたら
誰が言ったかを気にせずに、まずは
何を言っているかを冷静に受け止め
たいものです。
 
 
と、ここまでは受けとめる側の
視点からの話。
 
 
逆に自分が言う側となったときには 
「誰が言っているんだ?」
という人がいても、

「◯◯さんです」
との答えに 
「◯◯が言ったのならそうなんだろう」
と言われるようになりたいですね。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社員が成長し業績が向上する
『人事評価制度7つの新常識』
https://www.facebook.com/events/1012120208936253/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/area03/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ