「リベンジ」って何か違和感あります【毎日更新2,025日目】

20150902ブログ用

 

こんにちは、
中村慎一です。
  
「リベンジします。」
という言葉を耳にします。
 
 
スポーツなどで使われるようになり、
オリンピック選手のなかにも
「4年前のリベンジです」などと
発言している人がいますね。
 
 
ですが、このリベンジという言葉には
私は違和感があります。
 
 
負けた相手にもう一度戦って勝つことで
借りを返すという意味合いで使って
いるのでしょうが、 
 
リベンジという英単語のもとの
意味は『復讐、報復、仕返し』です。
 
 
スポーツという決められたルールで
正々堂々と戦って、自分よりいい結果を
出した相手に『復讐、報復、仕返し』
するっておかしいですよね。
 
 
前回の自分の敗因を何か相手のせいに
しているように感じるのです。
 
 
ルールの中で戦って負けたのは
自分が弱いからです。
至らない所があったからです。
 
 
それを教えてくれた相手は
ありがたい存在だと考えられ
ないでしょうか。
  
  
だからこそ、さらに頑張って
練習して向上した自分を見せるのが
本来の姿だと思うのです。
 
 
競い合う相手は互いにペストを尽くす
ことで高めあえる尊敬し合える存在の
はずです。
 
 
そんな『リスペクト』マインド
のほうが、自分の可能性をより
高めることができると私は思います。
 
 
スポーツに限らず、何かを競い合うときは
「リベンジ」よりも「リスペクト」マインドで
いきたいですね。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   『実践読書会』
〜起業1年目の教科書に学ぶ
失敗しない勝者の起業術:第3章〜
https://www.facebook.com/events/1138507669542028
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『コーチング無料体験講座』
 銀座コーチングスクールの雰囲気を体験できます
http://www.ginza-coach.com/school/toyama.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ