?年ぶりの料理

昨日の晩、久しぶりに料理しました。

妻が風邪でダウンしたので、何か出来合いを買って来ようかと思ったのですが、すでに下ごしらえした材料と、炊き上がったご飯、そして僕の実家から届いたホタルイカがあり、無駄にするわけにはいかないので、久しぶりに台所に立ちました。

ホタルイカを茹でて、親子丼を作ったのですが、どう作っていいかわからず、結局は妻の指示に従って作業しただけ、みたいになりました。

結婚前には10年間自炊していたことがあったのですが、結婚して10年過ぎるともうすっかり忘れています。

やっぱり「やっていない」ことは「できない」のですね。
わかっている、できるつもり、になってしまっていました。

それでも昔のカンがよみがえったのか偶然か、やはり妻の指示が適切なのか、子供達はおいしいと食べてくれ、ホッとしました。

そして、なぜか3歳の次男がそれ以来、今朝も僕にべったりで甘えてきます。
どうしたのでしょう?

いつも食事の姿勢とか厳しく躾ける僕と、料理をしている僕とでは、なにか伝わるものが違ったのでしょうか。

子供が父親より母親になつくのは仕方のないことだと思っていましたが、もしかしたら家庭での態度が影響していたのかもしれません。

言葉よりも態度が影響する、とはセミナーでもよく使っているのですが、家庭ではつい言葉に頼っていたのかもしれません。

「料理」というのは、家族への毎日の「おもいやり」「無償の奉仕」なのかもと考え始めました。

毎日、あたりまえのように食べる料理。
「あたりまえ」を感謝する気持ちを思い出させてもらいました。

つい「あたりまえ」として見過ごしていることはないだろうか?

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ