勇気付けの言葉

高校時代からの友人が何人かいます。
最近は、1~2年に1度くらいしか会わないのですが、時々メールのCCでやり取りを続けていました。

そのうちの1人が入院しました。
以前から国指定の難病を患っており、通院しながら仕事をしていたのですが、今年になって症状が悪化し、入院、そして先日手術をしました。

これで、少しは快方に向かうかと思っていた矢先に、その友人からのメール
「どうも、再手術が必要らしい。もう頭が真っ白です。」

事態が重大だけに、どう返事をしていいか戸惑っていると、別の友人が彼に向けて返信をしました。

「夏にビール持って集合、は諦めてませんので。」

あっ、と思い、う~ん、と考え込んでしまいました。
そして、考えているうちに身体に熱いものが駆け巡ってきました。
気休めや、単純な励ましの言葉では、当人にも受け取れなかったかもしれません。
でも未来の映像を引き出すシンプルなこの一言は、とても力強い「勇気付けの言葉」だと思いました。

その闘病中の友人は不安を抱えながらも、退院したら大型テレビを買い換えようと今は機種を検討中です。

コーチングを学ばなくても、心理学など知らなくても、こうして人を勇気付けるネイティブコーチが友人にいることにこれまで気づきませんでした。
Born to be COACH =生まれながらにコーチ は特別な存在ではないですね。

僕はまだまだ修行が必要です。

メルマガ「コーチの視点」
お名前(姓)  *

 (例)山田
お名前(名)  *

 (例)太郎
Eメール  *

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

中村 慎一

  • ビジネスコーチ
  • オフィスエンカレッジ代表
  • 銀座コーチングスクール富山校代表

富山県魚津市出身
新潟大学法学部中退後、2度の転職で 土木コンサルティングの会社へ。2年で取締役就任。2006年コーチングサービスを専門に提供するオフィスエンカレッジを設立して独立。
日本海側でのコーチング普及を目指して日本コーチ協会日本海チャプターの設立に携わり、 チャプター代表を務めるなど、富山でゼロからコーチング市場を開拓してきた。
起業家、経営者・管理職へのエグゼクティブコーチング、企業等でのコーチング研修など、経営戦略とコーチングを合わせたビジネスのサポートを中心に活動している。2012年4月からは、地方銀行の経営相談員としても活躍、社長が元気で前向きになるとの好評を得ている。
毎日更新のブログは連続1,000日を達成して継続中。

メルマガ登録

お名前(姓)  *(例)山田

お名前(名)  *(例)太郎

Eメール  *

更新カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページの先頭へ